知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 自己乳化性の活性物質配合物およびこの配合物の使用事件

判例情報


平成26年(行ケ)第10272号
自己乳化性の活性物質配合物およびこの配合物の使用事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 解決課題及び成分において本願発明と共通する引用発明(固体分散製剤)を,自己乳化性剤とすることについて記載も示唆もないから,当該相違点に係る構成は,容易に想到できる事項とはいえないとされた。

 事件番号等:平成26年(行ケ)第10272号(H28.2.17)
 事件の種類(判決):拒絶審消取消請求(審決取消)
 原告/被告:アッヴィ・ドイチュラント・ゲー・エム・ベー・ハー・ウント・コー・カー・ゲー/特許庁長官
 キーワード:進歩性,相違点の認定・判断,最適材料の選択
 関連条文:特許法29条2項

○知財高裁の判断

*相違点を容易想到とした判断は誤り
 審決は,4つの点を独立の相違点と評価した上で,それぞれについて容易想到性を判断したが,脂質成分の選択及び選択された脂質成分の含有量は,活性物質を十分に溶融させ,最終的にできた製剤中において結晶状態とならないか,他の脂質成分や結合剤成分が分子分散状態で存在できるか否かという点に影響を与える重要な要素と考えられるから,相違点1及び2は,相違点3及び5と無関係に設定できるものではないというべきであり,同時に達成可能かどうかを検討する必要がある。
 その上で,少なくとも相違点4に係る構成の容易想到性について見ると,補正発明の課題は,製薬技術分野において当然の課題であったが,課題解決の方法として,本件優先日において,自己乳化性製剤が常に最適であると考えられていたわけではなく,固体分散製剤よりも自己乳化性製剤の方が好ましい等の技術常識はないし,引用文献1には,自己乳化性製剤とすることについて記載も示唆もない。したがって,相違点4に係る構成は,容易に想到できる事項とはいえない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所