知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > フルオレン誘導体の結晶多形体事件

判例情報


平成26年(行ケ)第10202号
フルオレン誘導体の結晶多形体事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 当業者が本件発明の課題を解決すると認識できるのは,実施例に記載された,BPEFの析出に用いる溶媒として,トルエン,キシレンなどの炭化水素溶媒を用い析出開始温度として,65℃以上とした場合である,として,「芳香族炭化水素溶媒,ケトン溶媒およびエステル溶媒からなる群から選ばれる少なくとも1つの溶媒に溶解させた後に50℃以上でBPEFの析出を開始させる」構成を含む特許発明は,サポート要件に適合しないものとした。

 事件番号等:平成26年(行ケ)第10202号(知財高裁 H28.01.27)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:大阪ガスケミカル株式会社/田岡化学工業株式会社
 キーワード:サポート要件,実施可能要件,進歩性,公然実施
 関連条文:特許法36条6項1号,同4項1号,29条2項,同1項

○知財高裁の判断

*サポート要件違反
 本件発明1~本件発明6及び本件発明10には,BPEFの粗精製物からBPEFの多形体Bを選択的に析出させる際の析出開始温度として,「50℃以上65℃未満」が包含され,また,それに加えて,本件発明1~本件発明4及び本件発明10には,BPEFの粗精製物からBPEFの多形体Bを選択的に析出させる際に用いる溶媒として,「ケトン溶媒」及び「エステル溶媒」が包含されている。
しかし,上記(5)オのとおり,本件明細書の記載及び本件出願時の技術常識に照らして,当業者が本件発明の課題を解決できると認識できるのは,BPEFの粗精製物からBPEFの多形体Bを選択的に析出させる際に用いる溶媒として,トルエン,キシレンなどの「芳香族炭化水素溶媒」を用い,析出開始温度として65℃以上とした場合である。
したがって,本件発明1~本件発明6及び本件発明10は,本件明細書の記載及び本件出願時の技術常識に照らして,当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲を超えており,サポート要件に適合しない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所