知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > ローソク事件

判例情報


平成27年(行ケ)第10184号
ローソク事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 物の発明に係る特許請求の範囲の製造方法の記載が物の構造又は特性を明確に表しているときは,当該発明の内容を明確に理解することができるから,不可能・非実際的事情の主張立証を要しない,とされた。

 事件番号等:平成27年(行ケ)第10184号(知財高裁 H28.09.29)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(請求棄却)
 原告/被告:X,X/ペガサス・キャンドル株式会社
 キーワード:明確性要件,PBPクレーム,物の構造又は特性
 関連条文:特許法36条6項2号

○知財高裁の判断

 PBP最高裁判決が不可能・非実際的事情の主張立証を要するとしたのは,物の発明の特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されている場合には,製造方法の記載が物のどのような構造又は特性を表しているのかが不明であり,特許請求の範囲等の記載を読む者において,当該発明の内容を明確に理解することができないことによると解される。そうすると,特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されている場合であっても,当該製造方法の記載が物の構造又は特性を明確に表しているときは,当該発明の内容をもとより明確に理解することができるのであるから,このような特段の事情がある場合には不可能・非実際的事情の主張立証を要しないと解するのが相当である。
 本件発明の記載は,その物の製造に関し,経時的要素の記載があるとはいえるものの,ローソクの燃焼芯の先端部の構造につき,ワックスがこそぎ落とされて又は溶融除去されてワックスの残存率が19%ないし33%となった状態であることを示すものにすぎず,本件発明のローソクの構造又は特性を明確に表しているといえるから,このような特段の事情がある場合には,PBP最高裁判決にいう不可能・非実際的事情の主張立証を要しないというべきである。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所