知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 眼科用清涼組成物事件

判例情報


平成28年(行ケ)第10005号
眼科用清涼組成物事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 公知文献及び公然知られた事実によれば,高分子の平均分子量は一般には「重量平均分子量」によって明記されていたものの,コンドロイチン硫酸ナトリウムに限っては平均分子量が粘度平均分子量を示す可能性が高いため,本件特許請求の範囲におけるその「平均分子量」が「重量平均分子量」か「粘度平均分子量」を意味するかが不明であり,「平均分子量」の記載は不明確である,とされた。

 事件番号等:平成28年(行ケ)第10005号(知財高裁 H29.01.18)
 事件の種類(判決):維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:X/ロート製薬株式会社
 キーワード:明確性要件,平均分子量
 関連条文:特許法36条6項2号

○知財高裁の判断

 本件特許請求の範囲にいう「平均分子量が0.5万~4万のコンドロイチン硫酸或いはその塩」にいう平均分子量が,本件出願日当時,「重量平均分子量」,「粘度平均分子量」等のいずれを示すものであるかについては,本件明細書において,これを明らかにする記載は存在しない。
 本件出願日当時,高分子の平均分子量は一般には「重量平均分子量」によって明記されていたことが認められるものの,マルハ株式会社の販売するコンドロイチン硫酸ナトリウムに限っては,そのユーザーには粘度平均分子量によって測定された平均分子量の数値が公然と示されていたのであり,同数値は,本件出願日前に頒布された複数の刊行物に記載されていた,同社のコンドロイチン硫酸ナトリウムの重量平均分子量の数値とは明らかに齟齬することからすれば,本件出願日当時の当業者にとっては,他の高分子化合物とは異なり,少なくとも本件明細書に示された同社のコンドロイチン硫酸ナトリウムの平均分子量が重量平均分子量か,粘度平均分子量であるかは不明であったものといわざるを得ない。
 本件明細書の発明の詳細な説明と,当業者の技術常識から,これを合理的に解釈しようとしても,本件特許請求の範囲におけるコンドロイチン硫酸ナトリウムに係る「平均分子量」が「重量平均分子量」か「粘度平均分子量」を意味するかが不明であり,その数値範囲を特定することができないのであるから,本件特許請求の範囲の上記記載は不明確であるといわざるを得ない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所