知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 抗菌性ガラス事件

判例情報


平成24年(行ケ)第10233号
抗菌性ガラス事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

引用例1発明の「溶解性ガラス」について,請求項1及び実施例に,燐酸塩系ガラスのみが記載され,他の溶解性ガラスの記載がない以上,硼珪酸塩系ガラスが示されていると認定することはできない,と判断された。

 事件番号等:平成24年(行ケ)第10233号(知財高裁 H25.01.30 判決言渡)
 事件の種類:拒絶審決取消請求
 原告/被告:興亜硝子/特許庁長官
 キーワード:引用発明の認定,実施例
 関連条文:特許法第29条1項

○事案の概要

 本願発明は,「直接的に水と接触して,銀イオンを放出し,抗菌効果を発揮するための平板状または粒状の抗菌性ガラス」に関する発明であり,その構成要件として,ガラスの厚さ又は最大径,銀イオンの溶出量のほか,「原材料として,B2O3と,SiO2と,Ag2Oと,アルカリ金属酸化物と,を含むとともに,全体量に対して,B2O3の添加量を30~60重量%,SiO2の添加量を30~60重量%,Ag2Oの添加量を2~5重量%,およびアルカリ金属酸化物の添加量を5~10重量%の範囲内の値とする」ことが規定されている。
 審決は,本願発明と引用例1発明とを対比し,一致点として「水中で銀イオンを放出し,抗菌効果を発揮するための平板状の硼珪酸塩系の抗菌性ガラスであって,……とする抗菌性ガラス。」である点,相違点1として,本願発明では,硝子組成として,上記組成(「原材料として,…の範囲内の値」)とするのに対し,引用例1発明では,硼珪酸塩系ガラスとするのみで,具体的な組成の特定はない点,相違点2として,本願発明では,銀イオンの溶出量を「0.5~100mg/(g・24Hrs)の範囲内の値」とするのに対し,引用例1には,mg/(g・24Hrs)を単位とする銀イオンの溶出量について記載がない点,を認定し,本願発明は,引用例1発明及び引用例2発明を組み合わせることで想到容易であると判断した。

○知財高裁の判断

 知財高裁は,次の理由で,審決における引用例1発明の認定に誤りがある,と判断した。

(1)引用例1には,…Ag+を溶出する溶解性ガラスからなる硝子水処理材を提供する技術が開示されており,特許請求の範囲の請求項1及び実施例の記載によれば,溶解性ガラスとして「P2O5を含む燐酸塩系ガラス」のみが記載され,他の溶解性ガラスの記載はない。請求項1には,溶解性ガラスは,形状,最長径,金属イオンの含有量などと共に,P2O5の含有量が特定されており,発明の詳細な説明には,溶解性ガラスの形状及び組成を厳選した旨の記載がある(段落【0012】)。
 以上によると,引用例1の請求項1及び実施例1において,溶解性ガラスとして硼珪酸塩系ガラスを含んだ技術に関する開示はない。

(2)前記のとおり,引用例1の請求項1では,溶解性ガラスを燐酸塩系ガラスに限定している以上,上記記載から,硼珪酸塩系ガラスが示されていると認定することはできない。

(3)引用例1には,引用例1に先立つ従来技術として,乙1文献が挙げられており(段落【0003】),同文献には,水溶性ガラスとして,硼珪酸塩系ガラスと燐酸塩系ガラスの両者が記載されているが,そのような文脈を根拠として,溶解性ガラスを燐酸塩系ガラスに限定した引用例1発明の「溶解性ガラス」について,硼珪酸塩系ガラスと燐酸塩系ガラスの両者を共に含むと理解することは無理があり,採用できない。

(玉腰 紀子)

○コメント

 引用例1には,溶解性ガラスに関して,乙1文献を引用する記載のほかに,【課題を解決する手段】の欄の段落【0006】に,「本発明で使用する溶解性ガラスは,硼珪酸塩系及び燐酸塩系のうち,少なくとも1種類であるが,好ましくは,燐酸塩系硝子である。……」との記載がある。審決が,一致点として「……硼珪酸塩系の抗菌性ガラス……」である点,とした判断には,この段落【0006】の記載を考慮したとも考えられる。
 しかし,本判決は,請求項1及び実施例には,溶解性ガラスとして「P2O5を含む燐酸塩系ガラス」のみが記載され,他の溶解性ガラスの記載がないことから,引用例1発明について「硼珪酸塩系の溶解性硝子からなる硝子水処理材」であるとした審決の認定には誤りがある,として審決を取り消している。
 ちなみに,引用例1(出願公告公報)の請求項1の溶解性ガラスの組成は,対応する出願公開公報の記載と変わっておらず,引用例1発明は,出願時から「P2O5を含む燐酸塩系ガラス」に限定されていたようである。
 したがって,本件の場合,段落【0006】の「……硼珪酸塩系……」の記載は,請求項1の記載と整合しておらず,単なる誤記と思われる。

(須山 佐一)

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所