知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > スピネル型マンガン酸リチウムの製造方法事件

判例情報


平成25年(行ケ)第10239号
スピネル型マンガン酸リチウムの製造方法事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

スピネル型マンガン酸リチウムの結晶構造中にナトリウムを取り込むことで,マンガンの溶出を抑制し,高温保存性やサイクル特性を向上させることは,甲1発明等を含む周知技術から容易想到であるとして,特許維持審決が取り消された。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10239号(知財高裁 H26.07.09 判決言渡)
 事件の種類:特許維持審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:日揮触媒化成株式会社/三井金属鉱業株式会社
 キーワード:周知の課題,周知技術,当業者が予測し得る効果
 関連条文:特許法29条1項3号,同条2項

○事案の概要

本件発明1は,「(請求項1)電析した二酸化マンガンをナトリウム化合物もしくはカリウム化合物で中和し,pHを2以上とする共にナトリウムもしくはカリウムの含有量を0.12~2.20重量%とした電解二酸化マンガンに,リチウム原料と,上記マンガンの0.5~15モル%がアルミニウム,・・・から選ばれる少なくとも1種以上の元素で置換されるように当該元素を含む化合物とを加えて混合し,750℃以上の温度で焼成することを特徴とするスピネル型マンガン酸リチウムの製造方法。」である。審決は,甲1発明と本件特許発明の相違点1として,電解二酸化マンガンに関し,本件発明1は,「電析した二酸化マンガンをナトリウム化合物もしくはカリウム化合物で中和し,pHを2以上とすると共にナトリウムもしくはカリウムの含有量を0.12~2.20重量%とした」ものであるのに対し,甲1発明はかかる事項を発明特定事項としていない点を認定し,本件発明1に容易想到性がないと判断した。

○知財高裁の判断

 マンガンの溶出を抑制することによって高温保存性やサイクル特性を向上させるという周知の課題について,スピネル型マンガン酸リチウム又はこのマンガンを第3元素で置換した複合酸化物の結晶構造中に,ナトリウムが取り込まれることによってマンガンの溶出を抑制することができる,という手段が知られており(甲8),さらに,水酸化ナトリウムで中和した電解二酸化マンガンにはナトリウムが含有されており,このような電解二酸化マンガンをリチウムマンガン複合酸化物の原料として用いた場合(甲5)に,この電解二酸化マンガンに含有されていたナトリウムがリチウムマンガン複合酸化物の結晶構造中に取り込まれることも,広く知られていたといえる。
 そうすると,・・・甲1発明において,高温保存性やサイクル特性を向上させるために,ナトリウムを取り込むという広く知られた手段を用いることとし,その際,水酸化ナトリウムで中和することによってナトリウムを含有することが広く知られている電解二酸化マンガンを原料として利用すること(甲5)に着目し,これを原料として使用することでLiMn1.85Li0.1Al0.05O4の結晶構造中にナトリウムを取り込み,それによりマンガンの溶出を抑制することは,当業者が容易に想到することであると認められる。
 本件発明1と甲8発明とは,その作製手順が一部異なるものの,いずれも,結晶構造中にナトリウムが取り込まれることによってマンガンの溶出を抑制する点で物の構成としては同等のものを製造しており,両発明の間に実質的な相違はないということができる・・・。そして,本件明細書からは,本件発明1が,これと異なる機序,効果を有するとする記載を見出すことはできない。本件発明1の高温保存性や高温サイクル特性等の向上との効果は,マンガンの溶出を抑制することにより生じる効果そのものであり,また,その量的効果も格別顕著なものとは認められず,当業者が予測し得る範囲内のものである。
 以上によれば,本件発明1は,甲1発明に甲5及び甲8発明を含む周知技術を適用すれば,容易に想到することができたものと認められ,・・・審決には,誤りがある。

(玉腰 紀子)

○コメント

 原告は,無効審判請求書について,本件特許出願当時の技術水準を明らかにする刊行物(甲7,甲9,甲10)を新たに証拠として追加し,甲1発明と当該刊行物に記載された発明に基づいて本件発明1が容易に想到できたとする無効理由5を追加する補正を行ったが,審決は,請求の要旨を変更するとして当該補正を却下した。本件訴訟において,原告は上記審決の手続は違法であると主張したが,裁判所は上記刊行物に対する判断を述べず,単に「周知技術」の言葉を用いて,審決を取り消している。

(須山 佐一)

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所