知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 重合被覆金属管事件

判例情報


平成25年(行ケ)第10191号
重合被覆金属管事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 引用発明は,金属管の外周面に表面処理層を有しないことで密着性を向上させるのであるから,金属管の外周面に表面処理層を有する本願発明の構成とすることには,阻害要因があり,審決の判断に誤りはないとされた。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10191号(知財高裁 H26.04.16 判決言渡)
 事件の種類:特許維持審決取消請求(請求棄却)
 原告/被告:三櫻工業株式会社/臼井国際産業株式会社
 キーワード:相違点の認定,阻害要因
 関連条文:特許法29条1項,同条2項

○事案の概要

 本願発明は,「金属管の外周面に施された表面処理層及びプライマー層に対して密着力を有する押出成形により設けられたポリアミド系樹脂,ポリプロピレン又はポリエチレンからなる第1層と,前記第1層の外周面に押出成形により設けられた耐チッピング性を有するポリオレフィン系樹脂又はポリアミド系樹脂からなる第2層,とを重合被覆してなる重合被覆金属管」であって,第1層と第2層の間の剥離強度及び第2層のみが前記重合被覆金属管の前記第1層から剥離されることをその構成要件としている。
 審決は,本願発明と引用発明(引用例1に記載された発明。)の相違点1として,本件発明が金属管の外周面に施された表面処理層及びプライマー層を有するのに対し,引用発明は一重巻ステンレス鋼管の外周面にプライマー層であるエポキシ樹脂系接着層及びフッ素樹脂層を形成したものであり,表面処理層を有していない点,を認定し,本件発明は,引用発明と同一の発明ではなく,引用発明及び引用例2ないし5に記載された事項に基づき,当業者が容易に発明をすることができたものでもない,と判断した。

○知財高裁の判断

(1)本件明細書の記載によれば,あらかじめ表面処理を施した金属管の外周面に内層として該表面処理層に密着力を有するポリアミド系樹脂(PA),・・・などからなる樹脂層を形成し,その上に耐チッピング性や耐スプラッシュ性を有するPP,PEあるいは上記同様のポリアミド系樹脂を全長に亘って施した重合被覆層を有する重合被覆金属管では,・・・金属管の重合被覆層の最外層を剥ぎ取った後に端末加工を実施すると,最外層の剥取りの際に内層が最外層に付着して一緒に剥取られてしまったり,最外層に付着はしないが,内層がめっき膜から部分的に剥離する事態が発生する場合があり,・・・作業に手間がかかり作業性が著しく低下し,生産性を向上することができないという課題があったことから,本件発明は,内側から順に,金属管,表面処理層,プライマー層,第1層及び第2層からなる重合被覆金属管であって,押し出し成形により設けられた第1層及び第2層の間の剥離強度が75gf/cm以下として,第2層のみが第1層から剥離されるよう,両層をほぼ非接着状態におくことにより,耐チッピング性や耐スプラッシュ性を損なうことなく優れた耐食性を有し,かつ,剥取り作業を容易に実施することができ,端末加工物の耐食性の劣化がなくなるとの効果を奏するというものである。
 引用発明は,管材としてステンレス鋼管を使用し,その外周面上に,直接,浸漬コーティングにより形成したエポキシ樹脂系接着層及びエポキシ樹脂系接着層上に形成され,中間層として介在させることにより各層間の密着性を高めるフッ素樹脂層を設けた上に,ポリアミド樹脂接着層及びポリオレフィン樹脂層を形成して密着性を確保することにより,自動車用配管等として十分な耐食性及び耐飛石性を有する樹脂被覆構造を提供するというものである。

(2)引用発明について,ステンレス鋼管と樹脂層の間に本件発明にいう表面処理層のような他の層を形成し,ステンレス鋼管という金属管上に樹脂層を直接形成する構成としないようにすると,樹脂層と金属管とは直接接しないことになり,引用発明の目的とする金属管と樹脂層との密着性を高めることを否定することになるから,このような構成とすることには,阻害要因があるというべきである。

(玉腰 紀子)

○コメント

 本件発明と引用発明は,いずれも,自動車の下部に配設されるブレーキ配管等に用いられる重合被覆金属管に関する発明である。従来,この重合被覆金属管は,金属管の表面に,耐チッピング性や耐スプラッシュ性を向上させる目的で,一層又は複数の層からなる樹脂層を形成して構成されている。
 引用発明は,表面処理後のステンレス鋼管に樹脂層を形成した例を比較例1として挙げているように,金属管上に直接,樹脂層を形成することで,密着性を確保し,十分な耐食性,耐飛石性を得るものである。これに対し、本件発明は,引用発明とは異なった目的,すなわち,複数の層からなる樹脂層の最外層のみを剥ぎ取りやすることで,作業性,生産性を向上することを課題として上記の構成を採用している。
 耐腐食性の付与等を目的として金属管に表面処理を施すことは通常行われることであるが,本件では,引用発明は,鋼管外周面に表面処理層を有する従来技術が有する構造を解決するために,表面処理を施さないステンレス鋼管を採用したのであり,引用発明において,金属管に表面処理を施す点を想到することには阻害要因があると判断されている。

(須山 佐一)

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所