知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 白色ポリエステルフィルム事件

判例情報


平成25年(行ケ)第10303号
白色ポリエステルフィルム事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

甲1公報のポリエステル組成物Aは,ポリエステルフィルムの原料としての中間段階の組成物にすぎず,これからフィルムを成形するものでないとして,本件発明1が甲1公報に記載された発明と同一であるとした審決の判断が誤りであるとされた。

 事件番号等:平成25年(行ケ)第10303号(知財高裁 H26.10.23 判決言渡)
 事件の種類(判決):無効審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:東レ株式会社/帝人株式会社
 キーワード:刊行物に記載された発明,当業者に自明な技術事項,当然の前提
 関連条文:特許法29条1項3号

○事案の概要

 本件発明1は,「無機粒子を5重量%以上含有するポリエステル組成物であって,該ポリエステル組成物のカルボキシル末端基濃度が35当量/ポリエステル106g以下であり,かつ昇温結晶化温度とガラス転移温度との差が下記式[略]を満足してなることを特徴とするポリエステル組成物からなる白色二軸延伸ポリエステルフィルム。」である。
 審決は,甲1公報に記載された発明(引用発明)を「リン酸,亜リン酸,ホスフィン酸,ホスホン酸およびそれらの炭素数3以下のアルキルエステル化合物よりなる群の中から選ばれた少なくとも一種のリン化合物で表面処理した炭酸カルシウム粉体からなるポリエステル系樹脂用改質剤の含有量が5重量%を越え,80重量%以下であるポリエステル組成物からなる白色ポリエステルフィルムであって,実施例12の段落【0045】で得られたポリエステル組成物(以下,このポリエステル組成物を「ポリエステル組成物A」ともいう。)からなる白色ポリエステルフィルムの態様を包含する,白色ポリエステルフィルム」と認定し,本件発明は,引用発明と同一であり,特許法29条1項3号に掲げる発明に該当する,と判断した。
 これに対し,本件訴訟において原告は,甲1公報には,ポリエステル組成物Aに対して,固有粘度0.65dl/gのポリエチレンテレフタレートを混合して得られたポリエステル組成物(以下「ポリエステル組成物B」という。)を溶融し押し出して未延伸フィルムを得たとの記載しかなく,甲1公報には,「ポリエステル組成物Aからなる白色ポリエステルフィルム」は記載されていない。甲1公報において,ポリエステル組成物Aは,固有粘度0.65dl/gのポリエチレンテレフタレートを混合することを前提とした,中間的な組成物として記載されているにすぎない,として,審決の引用発明の認定は誤りであると主張した。

○知財高裁の判断

 (特許法29条1項3号)にいう「刊行物に記載された発明」の認定においては,刊行物において発明の構成について具体的な記載が省略されていたとしても,それが当業者にとって自明な技術事項であり,かつ,刊行物に記載された発明がその構成を備えていることを当然の前提としていると当該刊行物自体から理解することができる場合には,その記載がされているに等しいということができる。しかし,そうでない場合には,その記載がされているに等しいと認めることはできないというべきである。そうすると,本件において,「ポリエステル組成物Aからなる白色ポリエステルフィルム」が甲1公報に記載されているに等しいというためには,ポリエステル組成物Aについてフィルムを成形したものが当業者にとって自明な技術事項であり,かつ,同公報に記載された発明が,ポリエステル組成物Aについてフィルムを成形したものであることを当然の前提としていると同公報自体から理解することができることが必要というべきである。
 ・・・しかるに,本件においては,ポリエステル組成物Aについてフィルムを成形したものが当業者にとって自明な技術事項であることを認めるに足りる証拠はない。・・・また,甲1公報の記載を検討しても,実施例12のポリエステル組成物Aは白色二軸延伸フィルムを製造するポリエステル組成物Bを得るための中間段階の組成物にすぎず,同実施例がポリエステル組成物Aについてフィルムを成形するものでないことはいうまでもないし,さらに,同公報のその他の記載をみても,ポリエステル組成物Aについてフィルムを成形することを示す記載や,そのことを当然の前提とするような記載はない。
 以上のとおり,ポリエステル組成物Aについてフィルムを成形したものが当業者にとって自明な技術事項であるとはいえず,また,甲1公報に記載された発明が,ポリエステル組成物Aについてフィルムを成形したものであることを当然の前提としていると同公報自体から理解することができるともいえない。そうすると,「ポリエステル組成物Aからなる白色ポリエステルフィルム」は,甲1公報に記載されているに等しい事項であると認めることはできないものというべきである。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所