知的財産情報

ホーム > 知的財産情報 > 判例紹介 > 日中活動量の低下および/又はうつ症状の改善作用を有する組成物事件

判例情報


平成26年(行ケ)第10182号
日中活動量の低下および/又はうつ症状の改善作用を有する組成物事件


弁理士  玉腰 紀子
弁理士  須山 佐一

○判決のポイント

 引用例1で改善の示された精神分裂病と本件補正発明が改善するうつ病は原因や治療法がそれぞれ異なる別の疾患であること,記憶・学習能力の低下を改善する薬が,うつ病をも改善するとの効果を有するとの技術常識の不存在などを理由に,引用例2に記載された多数の症状・疾患の中から,特に「うつ病」を選択して,「うつ症状」が改善されるかを確認しようとする動機付けがあるということはできないとして、拒絶審決が取り消された。

 事件番号等:平成26年(行ケ)第10182号(知財高裁 H27.08.20 判決言渡)
 事件の種類(判決):拒絶審決取消請求(審決取消)
 原告/被告:サントリーホールディングス株式会/特許庁長官
 キーワード:進歩性,動機付け,引用発明の認定
 関連条文:特許法29条2項,同法126条5項

○事案の概要

 本件補正発明は,「構成脂肪酸の一部又は全部がアラキドン酸であるトリグリセリドを含んで成る,うつ症状の改善のための医薬組成物。」(請求項4)である。審決は,引用例1の組成物が予防又は改善作用を有する症状又は疾患を「任意の精神医学的,神経学的あるいはその他の中枢または末梢神経系疾患,特に精神分裂病,うつ病,双極性障害」,引用例2の医薬組成物が予防又は改善作用を有する症状又は疾患を「脳機能の低下に起因する症状あるいは疾患」とそれぞれ認定した上で,本件補正発明と,引用例1又は2に記載された発明の相違点を認定し,本件補正発明を,引用例1又は2に記載された発明に基いて想到容易であると判断した。

○知財高裁の判断

(1) 引用例1の記載に接した当業者は,エチル-EPAとAAを摂取すると精神分裂病の症状が改善したとの実施例の結果に基づいて,EPAとAAの併用を,うつ病や双極性障害を含む「任意の精神医学的,神経学的あるいはその他の中枢または末梢神経系疾患」の治療にも用いることができることを,合理的に予測することはできない。したがって,・・・引用例1に記載された発明は,「精神分裂病の治療のための,エイコサペンタエン酸(EPA)又は任意の適切な誘導体を,アラキドン酸(AA)又は任意の適切な誘導体と組み合せることにより調製された薬学的配合物。」(引用発明1’)と認定すべきであり,本願補正発明と引用発明1’との相違点C’(医薬組成物が,本願補正発明はうつ症状の改善のためのものであるのに対し,引用発明1’は精神分裂病の治療のためのものである点)について,引用発明1’には,うつ症状が改善されることについての記載も示唆もないから,本願補正発明と引用発明1’との相違点C’は,実質的な相違点というべきであり,この相違点C’に係る本願補正発明の構成に至ることが容易に想到できると認めるに足りない。

(2) 本願出願日当時,記憶・学習能力の低下の改善とうつ病の改善との関連,又は,うつ病と海馬組織中のアラキドン酸含有量との関連についての技術常識があったと認めることができないことを前提とすれば,引用例2に接した当業者は,引用例2の実施例3の老齢ラットのモリス型水迷路試験の結果に基づいて,「構成脂肪酸の一部又は全部がアラキドン酸であるトリグリセリド」を用いることにより,「記憶・学習能力の低下」が改善されることは認識できるものの,さらに「うつ病」が改善されることまでは認識することができないというべきであって,まして,「うつ病」を含む様々な症状や疾患が含まれる「脳機能の低下に起因する症状あるいは疾患」全体が改善されることまでは認識できないというべきである。・・・したがって,引用例2に記載された発明は,「構成脂肪酸の一部又は全部がアラキドン酸であるトリグリセリドを含有するトリグリセリドを含んで成る,脳機能の低下に起因する記憶・学習能力の低下の予防又は改善作用を有する医薬組成物。」(引用発明2’)と認定すべきであり,本願補正発明と引用発明2’との相違点α’(本願補正発明は,「うつ症状の改善のため」のものであるのに対し,引用発明2’は,「記憶・学習能力の予防又は改善作用を有する」ものである点)について,引用例2に接した当業者は,引用例2の実施例3の老齢ラットのモリス型水迷路試験の結果に基づいて,「構成脂肪酸の一部又は全部がアラキドン酸であるトリグリセリド」を用いることにより,「記憶・学習能力の低下」が改善されることは認識できるものの,さらに「うつ病」が改善されることまでは認識できず,また,うつ病と,記憶障害が中核症状である認知症とは,その病態が異なり,本願出願日当時,記憶・学習能力の低下を改善する薬が,うつ病をも改善するとの効果を有するとの技術常識が存在していたとは認められないことからすれば,引用例2に接した当業者が,引用例2に記載された「脳機能の低下に起因する症状あるいは疾患」に含まれる多数の症状・疾患の中から,特に「うつ病」を選択して,「構成脂肪酸の一部又は全部がアラキドン酸であるトリグリセリド」を用いて,うつ病の症状である「うつ症状」が改善されるかを確認しようとする動機付けがあるということはできないから,引用例2に基づいて,相違点α’に係る本願補正発明の構成に至ることが容易であるということはできない。

© 2017 SAKURA PATENT OFFICE. All Rights Reserved. 特許業務法人 サクラ国際特許事務所
〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目18-14 ヨシザワビル6階
Tel. 03-5577-3066(代)/Fax. 03-5577-3067
国内および外国特許・意匠・商標の出願代理、鑑定、相談、訴訟|特許業務法人 サクラ国際特許事務所